トップページ サービス
SafeNeedsは、社員全員が日本在住の中国人であり、日本語は元より日本文化を深く理解しております。
日本企業とのシステム開発経験が豊富であり、品質管理、納期管理、コスト管理などのプロジェクト管理に対する意識を日本人と同等に持っております。
SafeNeedsの特徴として、2008年に中国・桂林市にグループ企業「桂林安信軟件有限公司」をオフショア拠点として設立しました。
桂林市は、中国南部の広西チワン族自治区に属し、風光明媚な観光地として世界的に有名ですが、有力な大学が多くあり、そこで優秀な学生を採用し、
システムエンジニアとして育成して、高品質、高性能なソフトウェア開発を行っております。

ソフトウェア開発支援サービス

システムエンジニア派遣・業務受託

お客様のソフトウェア開発業務の様々な要件に合わせて、当社のシステムエンジニアを参画させます。 先進技術からレガシーシステムまでの広い技術範囲と要件定義や基本設計、プログラム製造から結合・システムテストまで様々な開発工程での支援が可能です。 当社社員による中国向けシステム開発への支援は特徴的です。

ソフトウェア作成請負

お客様のソフトウェアの全て又は一部の開発を請け負います。長年の経験により様々なプラットホームでの開発が可能です。

【オフショア開発】
当社のグループ企業「桂林安信軟件有限公司」を使ったオフショア開発を積極的に展開しており、多くの開発実績を持っております。特に当社のグループ企業から日本人SEを参画させることにより、お客様とのコミュニケーションが一層充実し、品質・生産性の向上が図られ、お客様より好評を得ております。

ソフトウェア作成・保守請負(ラボ型契約)

当社の中国グループ企業「桂林安信軟件有限公司」にて、お客様の専用のソフトウェア開発・保守チームを作成します。これには、以下の特徴があります。

  1. 要員を固定することによって、対象業務及び担当システムに関する理解度が増し、高品質・高生産性を実現できます。
  2. オフショア開発によってコストセービングが可能。(人件費、設備費など)また、コストの固定化が可能です。
  3. 見積り、発注、受入手続きを簡素化することによって、ソフトウェアの改修など緊急・不定期な作業が効率的に行えます。

中国向けソフトウェア開発支援サービス

前述のソフトウェア開発支援サービスに加えて以下のサービスを行います。

  1. 要件整理などの現地(中国)調査
  2. ソフトウェアの中国語化
  3. ソフトウェアの現地(中国)導入支援